JAグリーン大阪 TOPへもどる

JAグリーン大阪についてJAグリーン大阪について

経営理念

ごあいさつ

代表理事組合長 中野 博之
代表理事組合長 中野 博之

JAグリーン大阪は、平成10年2月に東大阪市と八尾市内の8JAの合併で誕生しました。皆様のおかげをもちまして、平成30年2月に創立20周年を迎えました。
JA管内の農業は、大阪市と隣接する地域性を活かし、古くから都市部へ新鮮野菜を届ける供給地として発展して参りました。現在は、住宅、マンション、工場や商業施設など都市の中に点在して農地があります。特産品は、ネギ、ホウレンソウ、大阪シロナ、コマツナなどの軟弱野菜、夏には、トマトやキュウリ、ナスビなどが出荷されます。稲作や花卉栽培も盛んで、様々な農作物が栽培されています。
現在、当JAでは、農薬・化学肥料の使用を大阪府下標準の半分以下に抑えた「エコ農産物」を「健康百菜」とネーミングし、「ファーム・マイレージ2」運動(都市農地を守る運動)を通じ都市農業の振興に努めています。また、農産物直売所「フレッシュ・クラブ」3店舗で販売する野菜をすべてエコ農産物になるよう取り組むとともに新鮮・安全な旬の野菜を多くの方々に食べていただき、健康で元気な「健康寿命百歳社会」を応援しています。
ホームページを通じ皆様に健全な経営内容や堅実な歩み、安全・安心への取り組み情報を公開することによって、当JAに対する信頼・期待が一層深り、地域になくてはならないJAになることを願っております。