JAグリーン大阪 TOPへもどる

各種活動各種活動

営農関係

営農情報

土づくり

 今回は、農業にとって大切な「土づくり」を説明します。

 栽培する作物ごとに必要な肥料成分の量があり、また特定の成分が過剰にあっても上手く育たないため、バランスの良い施肥が必要になります。昨年11月、グリーン大阪管内の圃場の土壌を分析した結果、特に注意していただきたい成分についてご紹介します。

「苦土・石灰」

 それぞれ葉の葉緑素・細胞壁を作るのに必要な成分ですが、土中に過剰に存在すると、加里や鉄などの吸収を妨げ、欠乏症を誘発しますので、適度な施用を心がけましょう。

「腐植」

 土壌中の有機物が分解されてできたものを言います。腐植には保肥力を高め、pH(酸性・アルカリ性の度合いを示す数値)の増減を緩やかにし、土を柔らかくする役割があります。一般的な野菜栽培において、堆肥で十分な有機物を補充するには1a当たり年間150~200㎏程度必要とされています。必要量が非常に多いため、一度に施用するよりは年に数回、作付けごとに施用する方が良いでしょう。

「ケイ酸」

 稲の葉や茎の表面を硬化するのに必要な成分です。不足すると倒伏しやすくなったり、病気にかかりやすくなったりするため、「ケイカル」や「ケイ酸加里入りユーコート668」などのケイ酸の入った肥料を使用して補いましょう。

☆今月のおすすめ商品

≪エコピタ液剤≫

 有効成分が食品由来(水飴に似た成分)の農薬です。有機JASに適合しているので、有機栽培に使用することができます。アブラムシ類・ハダニ類・コナジラミ類に効果を発揮します。また、うどんこ病に対しても効果があります。適用作物に野菜類として登録があるため、すべての野菜栽培に使用可能で、他にも果樹類・花き類・観葉植物等、広範囲の作物に使用できます。また、薬剤が害虫の気門を塞ぐことで効果を発揮するため、薬剤抵抗性を発達させることがほとんどありません。

エコピタ液剤.JPGエコピタ液剤(1リットル入り)¥2,000(税込)令和3年1月現在

お問い合わせは

JAグリーン大阪 営農センターまで

フリーコール:0120(233)489


農機具レンタル

2021農機具レンタル810,1146 .jpg


受委託料金表

(単位:円)




作業項目 利用料金 備考
耕運作業 14,000円/10a 12,000円/5a以下 荒越し
耕運・畝たて 17,000円/10a 14,000円/5a以下 荒越し、畝立て
代かき 17,000円/10a 14,000円/5a以下 代かき
田植え 15,000円/10a 14,000円/5a以下 苗代金別途
刈取り 31,000円/10a 29,000円/5a以下
11,000円/1枚 四隅刈り及び隣接2条刈り
1,950円/仕上り30kg 乾燥及び籾摺り
籾摺り 720円/仕上り30kg 利用者持ち込み・持ち帰り
940円/仕上り30kg JA引取・配達金額

※5a超10a以下の作業料金は、10a料金とし、10a超の作業料金は、10a料金の按分とする。

※耕運作業において除草が必要な場合は、5割増しになります 。

※乾燥籾摺りのみの作業は行っていません。(刈取りとセット)

※圃場の状況(農業機械の進入路、搬送トラックの駐車スペース、湿田等)により、作業をお断りする場合があります。