JAグリーン大阪 TOPへもどる

各種活動各種活動

施主代行システム

JAグループの「施主代行システム」は、ご相談からアフターサービスまで、
お客様が抱える不安や問題をお客様の立場になって解決する
JAグループ独自のシステムです。

JAだから安心! 5大サポート。

安心サポート

JAの施工代行システムの流れ

流れ

JAだから安心のシステム

JAだから安心のチェック

JAならではの検査チェックポイント

地縄検査

建物着工前には建物の配置を確認するために地縄を張ります。その状態で各種斜線制限や敷地境界線との空き寸法等を検査します。

地縄検査

基礎配筋検査

基礎工事においてコンクリートを流し込む前の状態(基礎の配筋が完成した状態)で鉄筋の組み方・太さ・本数・継手・開口部の補強等を検査します。

基礎配筋検査

建方検査

構造躯体が組みあがった状態(上棟時)で柱の垂直、固定ボルトの締め付け状態、ブレースの緊張度等を検査します。

建方検査

木工検査

下地施工においても不良があると仕上げに大きく影響を及ぼします。床・壁・天井下地の施工状態等を検査します。

木工検査

完成検査

すべての工事が完了し、施工業者の完成検査が終わった後に外部・内部の仕上がり具合や扉・建具・風呂・給湯器等の設備機器の施工状態等をお客様の立場に立って検査します。

完成検査
  • 各工程での検査結果につきましては、「施工代行工事検査報告書」を作成し、建物引渡し時にお客様へお渡しします。
    なお、本検査は建築士法に規定される工事監理を実施するものではありません。